関東のゴルフ会員権の売買・情報はマークゴルフ

トップ社長ゴルフ日記>サザンクロスCC77(40-37)

社長ゴルフ日記

2007.04.22  サザンクロスCC77(40-37)

平成19年度第1回研修会

今年年度初めの研修会で、本日研修会終了後に来月の関東クラブ対抗競技の選手発表が行われる。朝、興奮気味で予定起床時間よりも早く目が覚めてしまい、8時半集合なので6時半に家を出る予定が5時45分に出発してしまった。家からは1時間15~30分位で着くのでメチャクチャに早く着いてしまう。ゆっくり走って行くもやはり7時15分には着いてしまった。早く着いたのでマクドナルドで朝食をゆっくり食べてコースに7時50分にチェックイン。時間が有るので他のメンバーと一緒に1Fのラウンジでコーヒーを飲む。ここのコーヒーがインスタントではなく本当に入れたコーヒーで美味しい!8時半頃に練習場へ向かい軽く打ち、パター練習をしていざスタートだ。今日はコンペが入っているのでインスタートだ。 10番ミドルの1打目をな、な、何とチョロしてしまい、どうにか3オンするもボギー! 11番ミドルは立て直して2オン2パットのパー。 12番ミドルも2オン2パットのパー。 13番ショートは右から左のOB風が強い。風が無ければ6,5アイアンでのティーショットだが・・・5アイアンで低めに打つことに決め、打ったボールはセンター右から風に乗ってしまいOBスレスレで止まった。良かった!寄せてパー。 14番ミドルは私が1打目で乗せてしまうので新しくティーグランドを作った。今日は新しいティーグランドから打つことになり、やはり今度はそう簡単には乗らない。ベントは完全に無理だが、高麗にはどうにか届きそうだがグリーン手前にどうやらバンカーを造るらしい。そのバンカーの名前もキャプテンとメンバーの間では私の名前を命名「カネミツバンカー」と呼んでいるが光栄だが恥ずかしい、でも嬉しい。何か変な気分だ。さて話しは戻すが2打目で2mにつけ、ナイスバーディー! 15番ミドルは2打目でワンピン手前に乗せるも2パットのパー。 16番ロングは2打目で池手前までもって行くもつま先下がりの左足下がり、前には大きな木、池が有り最悪のポジションからの3打目になってしまった。案の定、木に当たり池には入らなっかったが手前に戻ってきてしまいライは良くなったが木越えだ。Pでオーバー覚で打つ、どうにか奥に乗ってくれた。4mのパットはカップを覗き見て止まってしまいボギーだ。 17番ショートは150ヤード池越え打ち下ろしだが、風が強烈なアゲンストだ。6アイアンで抑え気味に打ったボールは手前にオン。2パットでパー。 18番ロングは1打目ナイスショット、2打目は届くが3アイアンで刻み、3打目で1,5mに付けるも下りのフックラインは入らずパー。インコースは1バーディー、2ボギーで37にて風が強い中上出来だ。 お昼はイタリアンレストランにてオムライスを食べる。量が少ないが美味しい! 1番ロングは1打目がぶっ飛んで2打目を8アイアンで狙うも右カラーに外し、パターでイーグル狙うも大オーバーで3パットにしてしまい痛恨のパー。バカ!自分で自分を10発殴りたいぐらいだ。 2番ミドルは2打目で右バンカーへ入れてしまい3オン2パットのパー。 3番ミドルは1打目をフェアウエーセンターにある木にぶつけてしまい3オン2パットのボギーにしてしまう。 4番ミドルは2オン2パットのパー。 5番ショートは風を読みすぎて左バンカーへイン。1mに寄せるも2パットのボギー。 6番ミドルは1打目をスプーンで打ち2打目はショートして3打目で寄せてパー。 7番ショートは手前カラーからアプして50cmに寄せるも2パットにしてしまいボギー。 8番ロングは2打目をフェアウエーセンターにある木にぶつけてしまい、3打目を大引っかけで左の高麗G手前に行ってしまう。4打目のアプがバンカー越えの下りスライスで難しかったがどうにか30cmによるスパーアプでパー。 9番ミドルは1打目引っかけて左のマウンド中腹に止まる。2打目は165ヤードのキツイつま先下がりだ。5アイアンでどうにか上手く打てて2オンして2パットのパーで終了。 アウトは4ボギーの40でトータル40-37の77で終了。 さてさて、終わって成績発表だ!18年度のスコア平均は私が76.0でトップでした。これは嬉しい。続いてキャプテンの79.1。続いてFUKUさん、IIDAさん。クラブ選手委嘱状を貰いウキウキ気分で帰ってきました。

投稿者 株式会社マークゴルフ (10:12) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :